ブログ

【起業 つづき】

独自の経営戦略(差別化)

  1. 年中無休24時間営業。不動産会社なのに24時間、365日営業!いつもかかさず枕元にスマホを置き、寝ていても電話が鳴れば対応しているそうです。
    年中無休24時間対応の不動産屋さんは聞いたことがありません。しかし、御年86歳を超えていることと、テレビのインタビューで熟睡したい、と語るのを見て心配でなりません。
  2. 仲介手数料が無料。不動産の仕組みは契約が成立した場合、売り手と買い手の双方から仲介手数料として物件価格の3.24%+6.48万円を貰えるように宅建業法で定められています。
    業界用語で両手取引というのですが、和田京子不動産では、買い手からの手数料は無料にしています。物件を探している買い手はローンなどで出費が重なり大変でしょう、という配慮です。
    一般の不動産屋さんからすれば、売り上げが半分になるのでなかなか難しい。しかし、買い手側からすればどこで買っても値段は変わらないため、手数料が無料の和田京子不動産から買う、ということになります。
  3. 物件の悪いところを必ず伝える。一般的な営業は、物件のよいところを強調し、デメリットは隠そうとする傾向があります。
    和田京子不動産では、自分のように失敗してほしくない、という理念に従い、物件のデメリットを正確に伝えています。
  4. インパクトのある名刺。500円のQUOカードに顔写真や氏名、会社の連絡先を印刷して名刺と使っています。名刺=確実に受け取ってもらえる広告 考えれば安いのかもしれません。これだと頂いた方はもらった名刺を捨てることはありません。
  5. 売買契約の際、無料で弁護士が同席。人生で一番大きな買い物をする際、弁護士が同席してくれるのは心強いかもしれません。7回も欠陥住宅を購入した創業者の思いが伝わります。

など、なかなか他社では手掛けていない独自路線を歩んでおり、今後も活躍が期待されている方です。

関連記事

最近の記事

カテゴリー

周辺地図


店舗外観



蒼日Facebookページ

保険の豆知識などはもとより、生活のお役立ち情報や青森のイベント情報などを発信してまいりますので、ぜひ「いいね!」をしてご覧ください!